介護アロマとは

介護アロマとは

アロマの持つ香りの効能と、タッチケアによる触覚の刺激により、脳機能の向上と身体的老化の予防が期待されます。また、優しく撫でる・さする行為は、心身共に安心と鎮静をもたらすといわれています。優しくマッサージやトリートメントを行うタッチケアは、肌と肌とのコミュニケーションを通して、相手の不安な感情を取り除いたり、痛みを和らげたりする効果があるのです。介護する側、される側の双方が香りによって気分転換を図ることができる介護アロマセラピーは、ご利用者様はもちろん、ご家族様のケアにも最も適していると思われます。

日本アロマコーディネーター協会(JAA)
日本アロマコーディネーター協会(JAA)

アロマの香りによる効果

花や木など植物に由来する芳香成分(精油)により生活に自然の香りを取り入れ、ストレスを解消したり心身をリラックスさせたりする効果が期待できます。

タッチケアによるコミュニケーション

タッチケアを通して緊張をほぐすことにより、スキンシップをとりながら傾聴と受容・共感の姿勢でより一層の癒しと励ましを提供し、ご利用者様に寄り添うことができます。 アロマタッチケアは、委縮した関節や筋肉の機能回復を兼ね、QOLの向上にも役立ちます。更に、直接肌に触れる温もりと柔らかいタッチは、ストレスを解消させ、神経を鎮め、不安を取り除く効果も期待できます。

オイルによる保湿効果

人間の水分保持率は年齢とともに低下します。オイルによるタッチケアにより、乾燥した肌に潤いをもたらし、みずみずしい肌に生き返らせます。オイルで被膜をつくることにより、肌の保護と、乾燥肌によるかゆみの改善、肌トラブルの修復といった効果が期待できます。

アロマオイルで抗菌・除菌

アロマオイルには抗菌や除菌といった効果をもたらす成分が含まれるものがあります。この成分や香りの有効成分を活用することにより、室内のリフレッシュと心とカラダのバランスを整えます。

ご不明な点などございましたら、お気軽にお問合わせください。

03-5803-7362

<受付時間>月~金 9:00~18:00